スーツ姿の弁護士
指導する人

冷静に行う

離婚は簡単なものではないので双方で話し合いになると冷静になることが出来ず言い合いになり、いつまで経っても解決することが出来ないものです。しかし、離婚調停では冷静になることが出来るので利用する人は多いといえます。

この記事の続きを読む

法律の勉強

弁護士をつける意味

離婚調停を行うにあたって、弁護士を付ける意味は大きいです。事務所によって費用が違うことに着目して、報酬を含めて検討するほうがスムーズな展開ができます。調停を行うことは欠かせないため、全体の展開を導いてくれます。

この記事の続きを読む

電話を受ける

スムーズにするための方法

離婚調停を行うためには、スムーズにするための方法を取り入れることが重要です。弁護士に関与してもらうことは、もめることを回避して離婚調停を円滑に進めるポイントです。

この記事の続きを読む

プロにお任せする理由

車の運転状況について把握するためにテレマティクスを活用させておこう。多くの企業で導入されていますよ。

資料の説明をする

遺産相続の問題として起こりうることと言えば、土地、金融資産、借金などの相続で誰にどのぐらい取り分があるのか、と言ったことではないでしょうか。 これらを誰に依頼するのがベストでしょうか。士業と呼ばれるものもいろいろあります。 不動産が絡むので司法書士か、お金が絡むので税理士か、はたまた大した資産もないし揉めそうもないから行政書士でいいのか悩むかもしれません。 どれも間違いではありません。しかし一番の正解は弁護士に依頼することです。弁護士であれば相続税の申告以外のことは全て対応できます。他の士業ではこうはいきません。 弁護士と他の士業の業務にはいろいろ違いがありますが、一番の違いは、「代理人」として交渉できるかできないか、と言う点に尽きると思います。弁護士以外は代理人になることも、交渉することも出来ません。

代理人としての交渉とは、依頼人にかわって遺産相続が円滑にすすむよう、他の法定相続人と交渉することです。遺族同士が直接話し合いをしたのでは、思わぬトラブルを起こすことがあります。お互いに法律に詳しくない場合は特にそうです。弁護士が公平な立場で、法律にのっとって遺産分割協議書などを作成すれば、納得する方が多いようです。万が一裁判に発展しても、弁護士なら代理人として法的手続きをとることが出来ます。 遺産相続の金額が大きいから揉めるわけでもないようです。むしろ一つしかない土地を巡って揉めることなどもあるようです。相続登記には期限がないため、そのまま放置していると、法定相続人の一人が勝手に登記を済ませ、持ち分だけを売却してしまったりと言ったことも起こりえます。遺産相続で無用な争いを避けるためにも、最初から弁護士に依頼することをお勧めします。 費用が心配でしたら、まずは初回無料相談をしてみるといいでしょう。